そばかすが出来る原因について

そばかすには遺伝による原因で発生するものと後天的な原因によるものとがあります。
遺伝による原因で発生するそばかすは思春期までに多く発生して、思春期を過ぎれば消えていきますが、紫外線を多く浴びるとそばかすが消え難くなって残ってしまう場合もあります。
後天的な原因で発生するそばかすは大人になってから出来てきて、年齢を重ねるごとに目立ち易くなります。
後天的なそばかすも遺伝的な原因と主に紫外線が原因で発生します。
思春期にそばかすが出来ていなくても、親や祖父母などにそばかすの人が多い家系では、紫外線やその他の原因でそばかすが出来てしまうことがあります。
紫外線の特にA波を浴びると活性酸素が発生するのですが、その活性酸素から肌を守るためにメラノサイトが活性化されてメラニン色素を作ります。
肌の新陳代謝によってそのメラニン色素が排出されるのですが、メラニン色素が多量に作られ過ぎたら排出されないで残ってしまい、そばかすになる場合があります。
その他にはスキンケアや洗顔方法・化粧品など肌に合わない場合で肌を痛めてしまったときにも、そばかすが出来てしまう場合があります。
食品添加物やストレス・睡眠不足が原因でそばかすが発生する場合もあります。
フレキュレル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です