砂漠をハイスピードで走り抜ける、フォード「F-150 ラプター」の「バハ」ファッション

“フォードは前年1月の北米インターナショナル自家用車舞台で新型「F-150 ラプター」を発表したものの、未だにその詳細は明らかにしていない。ただし、ゲストにその付属をアピールし、関心を引くために、フォード・動きはこういうラプターに備わる「テレイン・モード」を映像で公開した。こういう集め・貨物は通常でもオフロード部門だが、特に興味をそそられるのは「バハ」と名付けられた仕様だろう。
こういうバハ・モードを選べば、ハイウェイで荒れた路面を疾走できるようになる。スロットル・縮図は技能の出方が一層リニアになるようにとりまとめされ、車両の挙動を安定させる電子抑制デバイス「AdvanceTrac」はあっ旋を最小限に留める。そうしてトランスファーは4輪駆動の高に設定される。コミュニケーションはどんどん各ギアをますます長くホールドするだけでなく、技能バンドと共にすばやいチェンジが可能になる。こういう「バハ」という言い方が意味するように、砂漠でのハイウェイ運転によって設計されているのだ。

その他の仕様は、「オーソドックス」「実行」「ウェザー(降水・スノー・中断路面)」「マッド&サンド」「ロックンロール・クローリング」が用意されている。言い方から比較的に想像しやすいこれらの仕様では、スロットル・返事、AdvanceTrac、コミュニケーションの変換速度、電子抑制種別デフロック、ステアリング・フィールが友達変化する。加えて乗員は、トラクション・コントロールというスタビリティ・コントロールを個別に操作できるので、再度細かなとりまとめが可能だ。まずは、砂漠を走り抜けるラプターの外見をサウンドでご覧いただきたい。
浜松で車査定