次期スープラは DCT採択の「動作 PHV」でアップか?

“東京モーターショー17、あるいは来年1ひと月のデトロイト演劇18でワールドプレミアムされ、同年秋間の売り込みが予想されて掛かるnewスープラ。

海外でも同車に対する通知が目立ちつつあるなか、英国のマイカー媒体「Auto EXPRESS」が楽しいデータベースを伝えている。

これまでにもお伝えして来たまま、newスープラは企画こそトヨタ・新鮮ですが、スポーツカーとして肝となる思いの丈集団に加えてプラットフォームも「Z4」の引き継ぎとなる「Z5」といった同様化され、生育もBMWが担当するようです。

BMW製2.0L直4ターボエンジン(2部門)という3.0L直6ターボエンジンが実装され、後にはトヨタのハイブリッド・プロセスが組み合わされるとの期待。

同媒体では、そのハイブリッド・プロセスに関しまして細かく伝えており、ルマン24H競合で戦う「トヨタ TS050ハイブリッド」のメソッドを採り入れる可能性があるとしている。

具体的には、BMW製ガソリンエンジンで後輪を駆動、電車弱に搭載したトヨタ製モーターの力を全輪に教えるハイブリッド・プロセスを採用しているとのこと。

米のZEV統率フィットによって充電可能な「PHV」バージョンといったし、ダウンときの回生電力としてリチウムイオンバッテリーを充電始める制度。

コミュニケーションについても、ハイブリッドモデル用のCVTではなく、スピーディトライを可能にするトヨタ初の「DCT」(デュアルクラッチトランスミッション)が採用されるとしています。

再度、BMWの軽量化メソッドによりモデル重を1,400kg以下に抑えてあり、Z5共々軽量化が図られているそうなので、その「歩き」には甚だ期待できそう。

new「スープラ」のワールドプレミアムが今から随分待たれます。”名古屋でおすすめの車査定業者とは?